平成30年度 第Ⅰ回 公認会計士 短答式 試験 解答速報

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク

2018年度 第Ⅰ回 公認会計士 短答式 試験 解答速報

試験日:2017年12月10日(日)

解答速報TAC

企業法
管理会計論
監査論
財務会計論

公認会計士法第一条
公認会計士は、監査及び会計の専門家として、独立した立場において、財務書類その他の財務に関する情報の信頼性を確保することにより、会社等の公正な事業活動、投資者及び債権者の保護等を図り、もつて国民経済の健全な発展に寄与することを使命とする。

公認会計士法第一条の二
公認会計士は、常に品位を保持し、その知識及び技能の修得に努め、独立した立場において公正かつ誠実にその業務を行わなければならない。

公認会計士法第二条第一項
公認会計士は、他人の求めに応じ報酬を得て、財務書類の監査又は証明をすることを業とする。

公認会計士法第二条第二項
公認会計士は、前項に規定する業務のほか、公認会計士の名称を用いて、他人の求めに応じ報酬を得て、財務書類の調製をし、財務に関する調査若しくは立案をし、又は財務に関する相談に応ずることを業とすることができる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする