1級建設業経理士 合格体験記

”1級建設業経理士”合格体験記


受験回数:1回(3科目同時合格)

試験日:2010年9月12日

合格発表:2010年11月10日

合格率
財務諸表23.3%
財務分析33.3%
原価計算23.4%

総学習時間:約63時間

使用教材
合格テキスト&トレーニング建設業経理士1級 財務分析 (よくわかる簿記シリーズ)

合格テキスト&トレーニング建設業経理士1級 原価計算 (よくわかる簿記シリーズ)

合格テキスト&トレーニング建設業経理士1級 財務諸表 (よくわかる簿記シリーズ)


>

受験の感想

会計系資格ならTACだろ、ということでTAC出版のテキスト&問題集一体タイプのものを3科目分用意、とにかく電卓を叩いた。ほとんど勉強と言うより修行に近い。テキスト理解:問題演習=3:7くらいがちょうど良い配分だと思う。この3冊、一体タイプにしては問題集部分のボリュームも厚く、難易度もちょうど良い。

合格後に知ったが、この資格ではパタ解き
なる参考書が有名らしい。しかし、今回使用したTACの3冊もかなり高い完成度だったと思うし、一気に3科目を合格レベルににするという点では最適だったと思う。

科目合格制の為、会場は受験科目の組合せで分けられているが、3科目受験組の教室は財務諸表→財務分析→原価計算と日程が進むにつれてどんどん人が減っていき、原価計算の時には席が半分くらい空いていた気がする。

会計系予備校間でも模範解答の割れる問題があり不安だったが、3科目一発合格の爽快感はとても大きかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする